Collections

GLOBAL ART DAILY™: THE SHOP

$10.00

GAD Issue 01

Image of GAD Issue 01
Sold out

Global Art Daily (GAD) Magazine
ISSUE 01
Spring 2018
Release date: March 16th, 2018
'Street Futures'
76 pages
A4 (280g)

ENGLISH AND JAPANESE BILINGUAL MAGAZINE

International shipping: $6 flat rate (arrives in 7-10 business days)
Japan shipping: $3 flat rate (arrives in 5 business days)

Welcome to Global Art Daily™ Magazine. We are very proud to present you with our first print issue, Street Futures. Street Futures stems from the increased importance of the ‘street’ aesthetic in global fashion, music and artistic culture. Street sensibility, whether it is a pair of sneakers, a rap song, a graffiti on the wall, the sound of a metro train passing or the constant motion of scrolling Instagram, is an undeniable force in contemporary culture. First, how do we define ‘street’ and how do we define ‘street art’, as compared to graffiti, street-based art, post-street art or street culture? If street positions itself as anti-establishment, why does street culture enter the museum and exchange as luxury commodity? How does street relate to global art? And how is social media becoming the new street? We brought together scenarios from Sydney, Tokyo, Buenos Aires, Shanghai, New York City and Abu Dhabi.

Contributors: Natalia Sosa Molina, Al Anood Al Obaidly, Isabelle Galet-Lalande, Ev Zverev, Veronica Hernandez.

Edited by Sophie Mayuko Arni.

Dossier on SIDE CORE, interviews with YANG YONGLIANG, BABU, SLIM SET and ASHLEY AL BUSMAIT, articles by AL ANOOD AL OBAIDLY and NATALIA SOSA MOLINA and much more on 76 pages.

JAPANESE:
Global Art Daily マガジンへようこそ!
マガジンとして第1号刊行となりました。このGlobal Art Daily N°1では、「Street Futures」ーストリートの未来ーに焦点を置いてお届けします。
「Street Futures」は、グローバルファッションや音楽そして芸術文化の中で、「Street美学」の重要性の高まりから派生します。スニーカーやラップ、グラフィティー、地下鉄道の音、あるいは、Instagramを絶え間なくスクロールする、そういったストリートの感性全てが現代文化において、今や否定できない力になりました。グラフィティー、ストリート・ベースのアート、ポスト・ストリートアート、ストリート・カルチャーなどと比較しながら、「Street」を、そして「Street art」を、この中でどのように定義するのか探ってみたいと思います。ストリートアートが反体制であるとすれば、なぜストリートアートは、公共の美術館に入り、賞をもらったり、高価なオブジェとして取引されたりするのでしょうか?ストリートの体験は、どのように移動し、どのように創造性を前進させるのでしょうか?そして私たちは、なぜソーシャルメディアとして「Street」を理解すべきなのでしょうか?Natalia Sosa Molina によるブエノスアイレスの初期におけるグラフィティーコミュニティーの歴史、Isabelle Galet-Lalande のグライム・ミュージシャン"Slim Set" のインタビュー、そして東京のデジタルハイウェイを操る"SIDE CORE" やBABUの福島を駆け抜けるスケートボードを通して、ブエノスアイレス、シドニー、東京、上海、ニューヨーク、アブダビでのストリートのシナリオをまとめてみました。これらの比較と将来の予想は、あなたにお任せします。

"Stay curious, stay global" ー好奇心を持ち続け、グローバルでいよう!ーこんな言葉をすべての読者に向けて送ります。
2015年の夏、国境を超えて、like-mindな人々のコミュニティーできたら、という思いを込めて、私はGlobal Art Dairy を個人的なブログとして始めました。このマガジンの刊行がこれから先、そんな私たちの思いを実現してくれることを願っています。
私たちは、スタートしたばかりです。
Sophie M. Arni